二週間資格試験勉強法

奥手男性のための恋愛術 3ステップで恋人獲得!モテキ・メソッド

勉強が苦手な人には、
勉強が苦手な人に合った
効果的な勉強法がある!

勉強嫌いなあなたに、本当に必要なのは、
東大生の勉強法ではなく、
勉強が苦手な人のための勉強法なのです!

あなたが、試験勉強がはかどらず、
いつも途中で挫折しているなら、
試験勉強のやり方を見直してみませんか?

  
はじめまして、鈴木和弘と申します。

このページでは、勉強嫌いな私が直前2週間の期間で資格試験の合格を手にした効率的な試験勉強法を公開しています。

その勉強方法には大きく三つのポイントがあります。

まず、モチベーション
合格を目指すには、試験が終わるまでモチベーションを維持する必要があります。

次に、参考書の選び方
参考書は試験勉強に欠かせない存在です。
それだけに、参考書選びは試験の合否を左右する重要な要素となります。

そして、勉強のやり方
短期間で合格ラインをクリアするためには、それに応じた効率的な勉強法が必要となります。

この三つのポイントを押さえることで、あなたは試験勉強を大幅に加速させて、合格ラインに限りなく近づくことができるのです。
まじめな人ほど試験勉強が苦手!?
その本当の理由とは?

私は子供の頃から勉強が大の苦手でした。

初めは意気込んで勉強をスタートするものの、いつの間にかやる気を失って、
やがて途中で投げ出してしまう・・・
いつもこの繰り返しでした。

受験勉強はもちろん、大人になってからの資格試験の勉強についても同じでした。
だから、いつも試験の結果は惨憺たるものでした。

何故、私がいつも同じ失敗を繰り返していたのか?
実は、その原因は”真面目さ”にあったのです。

あなたが私と同じように、勉強に苦手意識を持っているのなら、
それはあなたの”真面目さ”に原因がある、ということです。


勉強は辛いもの、苦しいもの、真面目に一生懸命にしなければいけないもの・・・
その思い込みが、勉強にブレーキをかけているのです。

この点に気づけたことで、私は短期間の効率的な試験勉強で、資格試験に合格することが
できたのです。
あなたがかつての私と同じ悩みをお持ちなら、このページはあなたに悩みの解決策を提供
することになるはずです。
試験勉強が苦手な人には特有の理由がある!

まずは、私の体験を交えてお話ししましょう。

当時私は、入社15年目にして万年係長でした。
同期入社の中でも係長は私だけ。
私以外は皆課長代理に昇進し、早い者は課長に昇進していました。

私は将来に希望が持てず、せめて毎月の給料さえもらえればいい・・・
と、そんな思いだけで会社に通っていました。

つまり私はうだつの上がらないダメリーマンだったのです。





その日も例によって私は課長の説教を聞かされていました。

「せめて資格でもあれば、君のことをもう少しは評価できるんだが・・・」

そんな課長の一言をきっかけに、私はかねてから関心のあった「第二種電気工事士」の
資格試験を受けてみようと思ったのです。

いくら仕事に意欲が持てず、出世を諦めていたとはいえ、少しは上司の評価を上げたい、
という気持もあったからです。

また、資格を取っておけば、もしもの場合、転職にも役立つだろうという考えもありました。

そんな思いから、つい勢いで、
「第二種電気工事士の資格試験を受けたいと思います」

と課長に宣言してしまったのです。

まったくやる気がなかった私の
モチベーションを上げてくれたものとは?

しかし、その場の勢いだけで資格試験を受けることを宣言してしまった私の意欲は、
数日後にはあえなくしぼんでしまいました。

試験勉強に限らず、何かを成し遂げるにはモチベーションを維持することが重要です。
しかし、思いつきだけで資格試験を受けようと思った私に、モチベーションを保ち続ける
ことなどとうていできるはずがありません。

そうこうしているうちに、まったくやる気が出ないまま、とうとう試験2週間前となって
しまいました。





その時の私は、
「俺が資格試験を受けることなんて、どうせ誰も気に留めていないだろう。
このまま黙っていればうやむやになるさ」


そんな考えが頭に浮かび、試験会場へすら行かずに済まそうと思っていたのです。

そんな私に後輩の一人が話しかけてきました。
「Nさんが、『あいつが第二種電気工事士試験に絶対受かるはずがない』って
悪口を言っていましたよ。 絶対に合格して、Nさんを見返してやってくださいね」


Nというのは、私の1年上の先輩で、私とは全く馬が合わず、私に対して勝手に妙な対抗心を持っている男です。
そんなNの陰口に怒りを覚えた後輩が、私に話しかけてきてくれたわけです。

実はNも以前、第二種電気工事士の試験を受け、不合格になっていたのです。
だからNにしてみれば、私に合格してほしくないのは当然のことだったのでしょう。

この出来事は、私にとって意外なことでした。
誰一人、私が資格試験を受けることなど気にも留めていないだろうと思っていたのに、
Nだけはしっかり憶えていてくれたわけですから。
と言っても、私の不合格を願ってのことですが。

この時、全くやる気がなかった私の気持に変化が起こりました。

「2週間で試験に合格できるか試してみるのも面白いな・・・」

ふと、そんな気持になったのです。


それは、Nを見返してやろう、という悔しさからというより、
もっと前向きなプラスの感情からでした。




この時の私は全く意識していなかったのですが、
実は、私のモチベーションが急に上がったのには、重要な秘密があったのです。

その秘密は、人間の感情に深く関わっている心理的なある法則にあったのです。
この法則を上手に活用すれば、前向きなモチベーションを高めることができるのです。


当時の私は、この心理的法則についてはまったく知りませんでした。
しかしこの時、私は知らず知らずのうちにこの法則を活用していたわけです。

悔しさや、怒り、悲しみ、相手を見返してやりたい、といったマイナス感情をバネにして
モチベーションを上げることが有効であることはよく言われます。
しかし、意外とこれは長続きしないものです。

もちろん、あなたがこれらのマイナス感情によりモチベーションを高めて、目標を達成できるのなら、それに越したことはありません。

しかし、それよりも、
前向きなプラス感情からモチベーションを上げる方が楽しいし、長続きするはずです。


それに何より、ワクワクした気持で楽しみながら試験勉強に取り組めるはずです。
あなたも是非、この心理的法則を活用することで、前向きでプラスのモチベーションを維持してください。

タイムリミットはわずか2週間!!
教科書選びのある法則とは!?

試験に向けて合格を決意したものの、私に与えられた時間はわずか2週間しかありません。
わずかな時間を最大限有効に活用するためにはどうするか?

まずは参考書選びです。
この時、私の頭に浮かんだのは「○○○の法則」に則って参考書を選ぼう、といういうことでした。

これは18世紀に発見されたとされる法則で、現代の経済や社会現象などに当てはめても通用する普遍の法則と言われているものです。



しかし、これは今までの私の参考書選びの基準とは真逆の基準となるものです。
今までの勉強がことごとく途中で挫折していたことを考えて、あえて違ったやり方を選んでみようと思ったわけです。

私にとっては、時間的制約からの苦肉の策でもありました。
しかし結果から考えて、これは最良の選択だったことが実証できたと思っています。

あなたが効率的な試験勉強をするために参考書を選ぶ場合にも、是非この基準で選ぶことをオススメします。

合格を手に入れた非まじめな学習法とは?


過去、私の試験勉強がいつも途中で挫折してしまったことは、すでにお話しした通りです。

今までと同じ勉強のやり方をしてもうまくいかないことは自分でもよく分かっていました。
いつも途中で挫折していたことを考えると、途中で挫折しない方法で勉強をする必要が
ありました。
しかも私に与えられた時間はわずか2週間です。

実は、試験勉強に途中で挫折してしまう原因は、前にもお話ししたとおり、
”真面目さ”にあるのです。

真面目さが試験勉強にブレーキをかけているわけです。

あなたの試験勉強がはかどらないとしたら、それはあなたの真面目さが原因となっていることが考えられるのです。


これは絶対に誤解してほしくないのですが、「真面目でない方がいい」というと、「いいかげん」とか「不真面目」と考えてしまいがちですが、決してそうではありません。

あえて言えば、「非まじめ」ということです。

もっと言えば、あるポイントに着目して、その部分だけ「真面目さ」を捨てる、ということです。

試験勉強をするにあたって、 ある部分のまじめさを捨てる、ということです。
それにより、学習効率が上がり、かつ加速する、というわけです。

ある部分の「まじめさ」があなたの学習効率にブレーキをかけているので、
そのブレーキを外してあげる、
ということです。

当時の私は、無意識にこのことに気づき、今までの自分とは全く違ったやり方で勉強を進めることを選択していたのです。




合格を手にするためのポイントは3つだけ!

直前二週間の期間での試験勉強で、私が意識したポイントは3つでした。

・プラスのモチベーションを上げる
・短期間で効率的に学べる参考書選び
・ブレーキを外して学習を加速させる勉強法


この3つを手に入れた私にとって、試験勉強の効果は絶大でした。
試験勉強を開始してからというもの、自分の理解がグングン深まっていくのが手に取るように分かりました。

その甲斐あって、試験当日を余裕を持って迎えることができました。
試験の出来は完璧とは言えないものの、私にとって十分満足できるものでした。

合格発表までの期間は、不安と期待が入り混じった気持で過ごしましたが、過去の資格試験の時とは違い、手応えを感じて過ごすことができました。

そして、
届いた結果通知のハガキには、しっかりと「合格」の文字が印刷されていました。


この経験は私にとって大変価値のある経験となりました。
二次試験である実技試験の合格へとつなげることもできました。

こうして私は無事、第二種電気工事士の免許を手に入れることができたのです。





その後、転職に成功した私は、新たな職場で心機一転、この試験勉強法を活用して、
CAD利用者検定、CiscoのCCNAなどの資格を取得し、評価を高めることができました。

私の実践した勉強法は、正攻法で試験勉強に取り組もうと考える人にとっては邪道と言えるものでしょう。

しかし、私と同じように、勉強が苦手、でも資格試験の合格を目指したい、という人には
きわめて有効な方法だと思います。

私に、あなたの合格を保証することはできませんが、あなたを合格ラインに大きく近づけることはできます。




本書の内容

私がたった二週間の試験勉強で合格できた秘密とは?
  私がなぜ、直前二週間前から勉強を始めて、資格試験に合格できたのか?
これには3つのポイントがあります。
@モチベーションの維持
A参考書の選び方
B勉強のやり方

この3点が勝因に結びついたと考えています。

ですから、あなたも限られた時間という資源を最大限に活用して、効率的に合格を勝ち取るために、この3つのポイントだけ意識してください。

モチベーションを保つ方法とは?
  私は子供の頃から勉強が大の苦手でした。
苦手なことは好きになれないし、やる気も起きないものです。

いくら資格を取ることが自分の将来に有用だと頭では分かっていても、それだけでモチベーションが上がることはありません。
仕事や出世に必要だとしても、それだけで前向きに試験勉強に取り組めるものではありません。

では、モチベーションが上がる時はどんな時でしょうか?
それは、あなたが大好きなことをやっている時です。

例えば、大好きなマンガを読んでいる時や、アニメや映画を観ている時はどうでしょう?
意識しなくても夢中になって没頭しているのではないでしょうか?

つまり、あなたがワクワクすることに対しては勝手にモチベーションが上がってしまう、ということです。
実はここに、あなたのモチベーションを上げるためのヒントがあるのです。
この点に気づいて応用することができれば、あなたも試験勉強に対するモチベーションを高めて維持できるようになれるのです。
合格のための参考書選びの重要ポイントとは?
  試験勉強に参考書は欠かせないものです。
あなたはどの様な基準で参考書を選ぶでしょうか?
友人や先輩が良いと薦めるものでしょうか?
有名な先生が書いたものでしょうか?
ベストセラーとして知名度の高いものでしょうか?

私がいつも試験勉強に途中で挫折していた原因の一つは参考書選びにあったのです。
短期間で効率的な勉強をするためには、ある一つの基準で参考書を選ぶことが有効なのです。

あなたが短期間で効率的な学習をして合格を目指すなら、参考書の選び方が合否の明暗を分けると言っても過言ではありません。

勉強がはかどってしまう非マジメな勉強法とは?
  誰しも最初は意気込んで試験勉強を開始するものですが、思うように学習がはかどらないと、だんだんと意欲が冷めてくるものです。
私もいつもこのパターンでした。
最初は意欲があるものの、思うように勉強が進まず、やがて参考書を開く時間も減って、勉強のことを考えるのも嫌になってしまいました。

何故、このようなパターンを繰り返してしまうのかと言うと、それは勉強が思うように進まないからです。
学習が思ったように進まなければ面白くないし、興味が持てなくなり、やる気がなくなってしまうのも当然のことです。

逆に言えば、学習が進めば、途中で投げ出してしまうこともなくなる、ということです。
学習を進めることにブレーキをかけている原因が何かと言うと、それは”真面目さ”なのです。
あなたが、学習が思うように進まずに、途中で投げ出してしまうとしたら、それはあなたの”真面目さ”が学習にブレーキをかけているのです。

だから、その”真面目さ”を意識して外してしまえばいいのです。

真面目なことが学習の邪魔をしている、というのは一見矛盾しているように思えるかも知れません。
ここで勘違いしてはいけないのは、決して、いい加減に勉強しろ、手を抜け、と言っているのではないということです。

あなたの学習を進める妨げになっている、”ある部分の真面目さ”だけを意識して外してしまう、ということです。
このポイントさえ押さえてしまえば、あなたはブレーキの壊れた車のように、学習スピードが飛躍的に加速してしまうのです。
3つのポイントで合格通知を手に入れる!
  あなたが短期間で効率的な試験勉強をして合格通知を手にするためのポイントは3つだけです。

まず、モチベーションについて知り、前向きなモチベーションを高め、ワクワクした気分で合格を目指すこと。

次に、短期間に効率的な学習ができる参考書を選ぶこと。

そして、学習速度を加速させて参考書をマスターし、合格に必要な知識を身に付けること。


あなたが資格試験合格のパスポートを手に入れるため、是非この3つのポイントを活用してください。






本書によってあなたが得られるもの

勉強に対する苦手意識が軽減します。
 

受験に対する目的意識が持てるようになり、意欲が湧きます。
   
楽しさを感じながら学習できるようになります。
 

前向きな気持で試験勉強に取り組めるようになります。
 

学習に対する理解力を高めることができます。
   
試験勉強期間を張り合いを持って過ごせるようになります。
 

短期間の勉強で合格ラインに大きく近づくことができます。
   

試験勉強がどんどん進むようになります。






よくある質問

Q 本当に2週間で資格試験に合格できるのですか?
A はい、私の経験では十分に可能だと考えています。
だからと言って、私にあなたの合格を保証することはできません。
しかし、実践いただければ合格ラインに大きく近づくことはできるノウハウだと自負しております。
Q 勉強嫌いな私でもできる方法ですか?
A はい、現実的に無理のある方法は紹介しておりません。
勉強が大の苦手、ダメリーマンだった私でも実践できた方法ですのでご安心ください。
Q ある資格試験を受ける必要があるのですが、全くモチベーションがあがらないのですが・・・
A 単に資格試験に合格することを目的と考えてしまうとモチベーションを上げることはできません。
モチベーションを上げるためのコツ、考え方をマニュアルでお教えしていますので、是非活用してください。
Q 最初は意気込んで勉強を始めるのですが、参考書を最後まで読破したためしがありません。 こんな私でも大丈夫ですか?
A 私も同様の悩みを持っていましたので、ご安心ください。
原因はあなたの真面目さが学習にブレーキをかけていることです。
ポイントは、参考書の選び方と学習方法にあります。
Q どんな資格試験にも使える方法ですか?
A 参考書を読んで勉強して受験する試験であれば十分可能な方法です。
参考書をあなた自身が選ぶことができるなら、より有利となります。
Q 実技試験にも使える方法ですか?
A モチベーションの上げ方はそのまま活用できます。
学習のし方は実技練習においても同様の考え方です。
また、特典の「実技試験の時短テクニック」も是非活用してください。
Q 勉強をしようと思っても集中力がなく、長続きしないのですが・・・
A 集中力を自分でコントールすることは困難です。
私も集中力が無いのでよくわかります。
しかし、発想を少し変えることで集中力を引き出すことができるのです。
私が勉強に集中するために行った、すぐにできる方法を特典で紹介しています。
是非活用してください。





直前2週間で資格試験に合格できた!
勉強嫌いなダメリーマンだった私の
非マジメな資格試験勉強法

(電子ファイル版 pdf形式45ページ(特典を含む))

販売開始特別価格4,980円


奥手男性が3ステップで恋人獲得!モテキ・メソッド
※画像はイメージです

配送版(A5小冊子)をご希望の場合、
 別途850円(送料・手数料)をご負担ください。
・代引対応致します(手数料350円)
・中身のわからない梱包、品名は「冊子」として、
 ゆうメールで配送致します。


※決済を安全に行っていただくため、決済代行サービスの専門会社、
  株式会社インフォトップの決済システムを採用しております。

※ネットにて注文いただけます。
  クレジット決済、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCash、
  ちょコムeマネー、代引き から選ぶことが出来ます。

※いずれの方法を選択された場合でも、SSL暗号通信により、お客様の
  ウェブブラウザーとサーバー間の通信がすべて暗号化されますので、
  ご記入いただく内容は安全に送信されます。

※クレジット決済を選択された場合、送信されたカード情報が当方に開示
  されることはございません。



特典1:実技試験の時短テクニック

(pdf形式6ページ)


実技試験は時間との戦いでもあります。

合格通知を手にするためには、決められた時間内に、与えられた課題をクリアしなければなりません。

あなたが課題をこなす十分な実力を持っていたとしても、時間内にクリアできなければ、アウトです。
正に、「時は金なり」です。

だから、効率良く作業をすることで時間を短縮して、余裕を生み出すことで、あなたは合格ラインに大きく近付くことができるのです。

私が第二種電気工事士の実技試験の時に使った時短テクニックをお教えします。
是非参考にして、あなたが受ける実技試験に応用して、工夫すべき点を検討してください。

ほんの少しの工夫による時短効果が生み出す時間の余裕は、あなたにとって強い味方になってくれるはずです。

※マニュアル本編の末尾に添付でのご提供となります(32ページより掲載)



特典2:集中力を引き出すテクニック
(pdf形式6ページ)


短期間の試験勉強で合格レベルの実力を身に付けるためには、集中力がモノを言います。

せっかく忙しい日常の中で勉強時間を捻出しても、勉強に集中できなければ意味がありません。

とは言え、集中力というものは、自分の意志でコントロールできるものではありません。
これはあなたにもよく分かることだと思います。

だから、あなたは無理に集中しようと力む必要はありません。
ほんのちょっと視点を変えるだけで、試験勉強に集中できてしまうようになれる方法があるのです。

もちろん、私もこの方法を使って試験勉強に集中しました。
あなたが、私と同じように、集中力が無くて気が散りやすくても、この方法を使えば今日からでも勉強に集中できるようになってしまうのです。

※マニュアル本編の末尾に添付でのご提供となります(38ページより掲載)

  追 伸

東大生の勉強法が話題になったことがありましたが、これは勉強が得意な人に向いている勉強法だと思います。

勉強が苦手、勉強が嫌い、努力が長続きしないといういう人には、勉強が苦手な人に合った勉強法があると思います。

何ごとにも向き不向きがあるものです。
これは勉強にも言えることです。

私は、小学生の頃からの経験を振り返って、はっきりとそう思います。
私はずっと、勉強は真剣にしなければならない、皆と同じように真面目に努力しなければならない、
そういう固定観念を持っていました。

その結果、自分に合わないやり方で、無理な努力をして、いつも勉強に途中で挫折していたのです。

しかし、資格試験に限って言えば、完璧に勉強することが重要ではなく、合格することが重要なのです。

いかに参考書を完璧にマスターするか、ではなく、いかに試験に合格するか、が重要なのです。

百点満点を目指す必要はなく、合格ラインさえクリアできれば問題ない、ということです。

あなたが勉強が苦手、根気がない、というのでしたら、私の勉強法は最適だと思います。
その理由は、私が勉強が大の苦手で根気がない人間だからです。

 




Copyright ©2013 shikengoukaku.com All Rights Reserved.